| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年05月24日

オススメNo.2 愛知万博アフリカ共同館

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : 愛知万博 ]

【アフリカ共同館(グローバル・コモン5)】

各国の展示エリアでは、特色豊かな文化を物語る展示物が並び、アートギャラリー(ショーケース)では、仮面や食器、織物などアフリカの歴史や風俗に関わる品々が陳列されます。また外壁(ファサード)には、アフリカの自然を表現した壁画が描かれ、アフリカのムードを高めてくれます。
アフリカンバザールは、各国の商品などを販売するエリア。まさにアフリカの市場のような賑やかな雰囲気で、さまざまな品が販売されます。

アフリカ共同館 EXPO 2005 AICHI,JAPAN

アフリカ共同館>グローバルコモンの中では一番規模が広いです。民芸品がずらり。絵葉書購入。3枚で200円。
yumeさんの旅行記 愛・地球博 EXPO2005 訪問記録

カメルーン館がありさすが仮面が
一杯売られてました。まじで〜!。

欲望という名のブログ

アフリカ共同館の中でもコーヒーが試飲できるのは、ここウガンダのブース。
ブースではコーヒー豆の販売も行っているが、実は、ウガンダではあまりコーヒーを飲まないらしく、ほとんどが輸出用とのこと。
そしてこの豆、種類はアラビカで、化学肥料・農薬を使わずに栽培した、このブギシュという地方独特のもので、世界的にも珍しいということだった。

中京テレビ アナウンスルーム

マンモスじゃないけど、アフリカ象(だったかな〜??)の骨がおいてあった。
他の場所にもたくさんの国々の展示があったけど、
ここでは、ほぼスタンプラリーに集中。
いい歳してスタンプラリーに必死になってる自分がおもしろかった。
アフリカ共同館だけで、10個くらいのスタンプゲット!

かおぽん。チュ。

おっと、共同館の中にも、食いもん…失礼!ファストフードのコーナーが。
こっちのほうが、外のお店よりもおいしそう。
実際、人がやまほどいた。
メニューはこんな感じ。
ジェロフライスが、うまそうだ。

アフリカーンな母の毎日。

↑ここにも。店員さんとの記念写真、自分だけ塗りつぶしてupしてあるし。そんなことするんなら載せないほうがいいのでは。ぼくが店員さんだったら、これ見たらなんかがっかりするし。

今日は先日、感動を届けていたロシアのサハの皆様が最終日の観光を
楽しんでいらっしゃいました。アフリカ館には物凄い数の楽器が、所
狭しといたるところに並べられ販売されています。そこで会場内から
子気味いいリズムが聞こえてきて、これは生演奏?と駆けつけてみる
とナント彼等が楽器を手にして自分達のリズムで叩ききっていました。
これにはアフリカ係員もビックリ。笑顔で見守っていました。
会場内では日本人のお客さまもビックリ「何でこんなにうまいわけ」
と口々にささやいていたほどです。パビリオンで働いている演奏家が
別のパビリオンに突如出没、驚きの瞬間を演出する。これも万博なら
ではの名場面かもしれません。

はちどりの庭

というように、いろいろと話題の尽きないアフリカ共同館、かなり行ってみたい気がする。

後日追記:
行ってきましたアフリカ共同館。からっぽのチャド共和国空き缶ハウスなど見てきました。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 愛知万博 ] もどうぞ。
at 16:52:35 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_451.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

白昼の万博会場でムササビ大滑空 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ヤシの実ジュースで世界を味わう - [ f ]ふらっとどらいぶログ
空き缶ハウス - [ f ]ふらっとどらいぶログ
チャド共和国 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ノニジュース - [ f ]ふらっとどらいぶログ