| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2005年05月24日

オススメNo.8 愛知万博シンガポール館

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : 愛知万博 ]

【シンガポール館(グローバル・コモン6)】

「ワールドカフェ」は、シンガポールならではの食べ歩きツアー気分が味わえるエリア。ここでは調理の実演が行われ、典型的な「ターパウ」(料理の持ち帰り)文化に出会えます。シンガポールの郷土料理の数々をここで味わっていただけます。
館内ではシンガポールならではの品々を販売する予定です。

シンガポール館 EXPO 2005 AICHI,JAPAN

ユニークなシンガポールということで展示しているシンガポール館。
ユニークすぎてびっくりするアートの展示もちらほら。国のイメージよりも妙に現代的かつあーティスティックに演出したあまり、ぷっと笑えるストリートアートに仕上がっています。
そんな中、シンガポール人の実体験に基づく思い出を本に閉じ込めた図書館は圧巻。
ただの図書館風展示かと思いきや、すべての本を開くと中には、一人の人の思い出の品が入っています。若いカップルが「わぁ!ディズニーみたい♪」と展示を楽しむ姿もありました。

愛知万博取材ブログ

入り口は、暗い中、スチームが少しあり、床が濡れている。
それだけかと思ったら、そこから奥に続いている。
シンガポールの色々なものを見ることができる壁中の巨大本棚がある。
(本を開けると中は、特産物等の物と説明がある。)
2階に上がると、飾りつけ、液晶TVが各所にある。
最後には、シンガポールの喫茶店がある。
特に目玉は無いが、館内は広い。
シンガポールのことが学べるたり、雰囲気を感じることができるが、
とても楽しいというものではない。

愛地球博役立ち情報(セレファのささやき)

評価は分かれているようだけど、ちょっと興味あり。シンガポール館はスコール体験が有名だと思うけど、こんなのもあるってことで。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ 愛知万博 ] もどうぞ。
at 16:02:42 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/item_445.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

白昼の万博会場でムササビ大滑空 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ヤシの実ジュースで世界を味わう - [ f ]ふらっとどらいぶログ
空き缶ハウス - [ f ]ふらっとどらいぶログ
チャド共和国 - [ f ]ふらっとどらいぶログ
ノニジュース - [ f ]ふらっとどらいぶログ