| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2012年01月11日

「ソニー復活」が意味すること

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]ふらっとどらいぶログ カテゴリー : news ]


asahi20120109
Originally uploaded by frunderbird
iCloudとクラウドメディアの夜明け』(本田雅一著、ソフトバンク新書、2011年8月刊)を読み、「ソニー社長に平井副社長昇格へ」という1月7日の記事を読んだうえでこの記事を読むと、今後のクラウド時代、いったんはアップルに敗れたソニーの「復活」が近いうちに始まるのではと思えてきます。朝日新聞2012年1月9日朝刊7面「米音楽産業 激変の波(ワールドけいざい)」。

ただしそれは、あの輝かしい「メイド・イン・ジャパン」が復活するということではありません。

日本の町工場から始まったソニーは、製造業からも日本からも脱却して生き残っていくのでしょう。それが「世界のソニー」の生きる道であり、同時に、これからの日本の生きる道でもあるのではないかと思います。

今後、「日本」が復活する日はおそらく来ない。日本というローカル単位で復活しないからです。
「日本の製造業」が復活する日もやはり来ない。業種のボーダレス化も同時に進んでいくからです。

なお、記事のPDFもあげておきます。
20120111-asahi20120109_13.pdf(4.2MB)
※きょうになってやっとデータベースに記事が収録されたのだけど、これはいったいどういうことなんだろう?

「アップルのソニー買収」は、なぜガセネタと断言できるのか【デジ通】」を見ても、ソニーはもはや製造業ではないことがわかります。

■2012-01-28 10:18追記:
taiseikoさんの書いた「Androidに注力するソニーの今後への期待と不安」にコメントしたかったんですけど画像認証が通らなくって(文字が読みとれず=:[)、こっちに書きます。

> 本当のソニーの狙いはクラウドだと私は感じています。

私も同意見です。Sony Tabletや(実質的にSony Tabletの一種といえる)Android搭載Walkmanが今後のカギとなっていくのではないかと思います。
Sony大好きというわけではないのですが、やはりソニーには期待をしています。
こないだ、(願望も込めて)こんな文章を書きました。

「ソニー復活」が意味すること
http://fratdrive.net/diary/news/_1721.html

前提となる本の中身にまったく触れていないので、なんのこっちゃかもしれませんが。
というわけで、私もつい先日Sony Tablet pを買い、SPBrowserβを使用させていただいています。
今後の開発も楽しみに応援させていただきます。

■2012-01-28 15:31追記:コメントが何故か無効になっていたのを修正しました。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ news ] もどうぞ。
at 15:25:21 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/diary/_1721.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

「空気を読んで笑うな!」(悪夢ちゃん) - [ f ]ふらっとどらいぶログ
スーパーな庶民に凡庸なエリートがぶら下がる奇妙な国ニッポン - [ f ]ふらっとどらいぶログ
蹴散らして前へ! - [ f ]ふらっとどらいぶログ
昼寝するメダカ - [ f ]ふらっとどらいぶログ
真面目に働くのは正しいことか? - [ f ]ふらっとどらいぶログ