| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2006年09月01日

「旅する」取材屋ブログに。

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]雑記系 カテゴリー : そのほか ]

きょうから9月。ブログ名を「真夏の(^-^;)A 取材屋ブログ」から「旅する取材屋ブログ」に変えました。

バナーに出るブログの説明も、「そこにネタがある限り。。。 取材屋と愉快な仲間たちの報道バラエティBLOG」から「世界は“ささやか”に満ちている。。。 村のよろず屋っぽい報道バラエティBLOG」に。

見知らぬ土地に行くのが楽しい。皮膚感覚をともなった出会いや発見は、そこに行かなければ味わえない。いろんなところにいろんな人が暮らしている。ささやかな営みがある。

その積み重ねが世界だ。

ここ取材屋ブログは、“報道バラエティBLOG”を謳っている。テーマ性にしばられることなく、「気になる」をよりどころに、よろずの出来事を伝える場でありたいと思っている。古ぼけた村のよろず屋のように。。。

「旬のネタ」に興味を感じなくなっているのは、歳をとったからか、それとも職業上、麻痺してしまっているからか。。。

最近どうも、似たようなことを繰り返し書いてる。なんだか説教ジジイみたいになってきたな。

誰もカメラを向けない場を歩き、誰もカメラを向けない対象を取材したい。そしてそれを、すこし弱めのライティングを当てるだけで、ここ取材屋ブログで伝えたい。伝える側の主体性や責任を失わず、伝えられる対象にも、それを消費する側にも、激しい作用を起こさないように。
「場末の」取材屋ブログに。

ぼくがネットで実現したいのは、マスメディアが宿命的に欠落させてきた多様性。マイナーネタの重層構造。たぶんそれは「十人十色」というごとく、各自のこだわり、気になるネタを追うだけで実現できる。…目立たないものに、微かではあるけども確実な光を当てること。花火のような瞬間的フローではなく。それが、ココでやってみたいこと。…小さな村のよろず屋のような存在になりたいという気持ちもある。商品を売る側・買う側という立場をこえて、互いに支えあうようなコミュニティ。
ハイコントラストな世界とは別のモノ。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ そのほか ] もどうぞ。
at 10:01:09 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/about/item_816.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

コメントの設定を変更しました - [ f ]雑記系
画像ポップアップウィンドウ変更 - [ f ]雑記系
レンタルサーバー移転(さくらスタンダード→CORESERVER「CORE-B」) - [ f ]雑記系
ふらっとどらいぶネットにメール購読機能をつけました。 - [ f ]雑記系
NP_CustomURL導入記録 - [ f ]雑記系