| 取扱説明書 | 吉見直人(管理人) | お便り | Nucleus CMS Japan |

2004年12月06日

Movable Type vs Nucleus

[ 投稿者 : fratdrive ブログ : [ f ]雑記系 カテゴリー : Nucleus ]

ブログツールとして最もメジャーなのはMovable Type。ぼくも、ここふらっとアーカイブスに先立って立ち上げたコラム用のふらっとブログで使っている。デザインはこなれていて、使いやすい。ふらっとアーカイブスも、デザインはMovable Type的に作っている。でも、Movable Typeには不満なところもあって、ふらっとアーカイブスではNucleusを採用した。

Nucleusの利点はというと、

<カテゴリー変更しやすい>
Movable Typeは静的ページを生成するので、カテゴリ名を変更すると、前のカテゴリ名のディレクトリが残ってしまう。気にしなければいいのかもしれないけど。いっぽう、Nucleusは動的ページなので、カテゴリー名を気軽に変更できる。
*Movable Type 3.1からは動的ページ生成機能がついた。

<再構築が早い>
これも、静的vs動的の違いですが。Movable Typeの「再構築」は、時間がかかる。エントリーが増えていくほどにキツくなっていくだろう。ある程度の規模以上なら、Nucleusのが絶対にいいと思う。
*Movable Type 3.1からは動的ページ生成機能がついた。

<ブログをいくつでも作れるし、メンバー数も無制限>
Movable Typeは、
限定個人ライセンスは、無償で利用可能ですが、利用できるユーザー数(ウェブログ投稿者数)は1、ウェブログ数は3に制限されています。
ライセンスについて
となっているのだが、Nucleusならブログ数の制限はない。それに、複数のブログを階層化させてサイトを構築することができる。それに、複数メンバーによるグループでブログを運営することができる。(Nucleus機能一覧
Movable Type 3.1からはサブカテゴリー機能がついたので、ブログの階層化は可能だが、グループでの運営は、少なくとも無料版ではできない。

ふらっとアーカイブスはまだ構築中なので、はっきりしたことはいえないのだけれども、Movable Typeと比較すると、 Nucleusのほうが、CMS(コンテンツマネジメントシステム)としての指向性が強く、「サイトを構築」するのには良いように思う。

<商用フリー>
Movable Typeとは違って、商用にも無料で使える(FAQ(よくある質問集) )。この姿勢も気に入っている。

⇒この記事をふくむカテゴリー [ Nucleus ] もどうぞ。
at 09:39:50 | この記事のURL |


トラックバック

このアイテムのトラックバックURL:
http://fratdrive.net/about/item_119.trackback

このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。

コメント

コメントはありません

コメント記入



プレビュー

ブログ内新着記事

コメントの設定を変更しました - [ f ]雑記系
画像ポップアップウィンドウ変更 - [ f ]雑記系
レンタルサーバー移転(さくらスタンダード→CORESERVER「CORE-B」) - [ f ]雑記系
ふらっとどらいぶネットにメール購読機能をつけました。 - [ f ]雑記系
NP_CustomURL導入記録 - [ f ]雑記系